医師のスポット案件


医師は普段所属している医療機関での業務の他にもスポット案件という副業で医師は副収入を得ている。
このスポット案件は主に他の病院で1日だけ勤務をしたり、当直を代わったり、イベントの救護に付き添ったり、医療機関が側が緊急に医師を補充したい案件であることがほとんどです。医師は最初の研修を終えると新人の内に医局に入るのが一般的です。そこでスポット案件が紹介されて初めてスポット案件というものを知り、本格的な医療現場デビューを果たすわけです。しかしこのスポット案件というものはそもそもが緊急性の高い案件ですので、あまり条件自体は良くなく、受け持つ医師にとってもさほどおいしいものではありません。給与も低く、病院からも厚遇されませんが、それでもスポット案件を数多くこなすことによっては年収は数百万程アップします。
スポット案件は近年の医師の研修制度の改正によって若い医師が医局に入ってこなくなったことが現在問題視されています。この制度によって必ずしも若い医師が医局を希望しなくなり、条件がよくて落ち着いた労働環境で働ける地方に出て行く人が増えてきています。また転職を希望する医師も、医師転職サイトを利用するなどして地方へと出て行く傾向にあります。この制度はそもそも地方の医療機関を活性化させようと定められたものですが、それが返って医局の人材不足を招き、それが原因で廃業する病院も出てきているのが現状です。

こういったスポット案件を自ら探すなら医師の転職サイトが便利でしょう。医師転職サイトは常勤条件を数多く掲載し、またスポット案件を専門として紹介している会社もあります。給与のやや低い若手や、結婚・出産等でなかなか常勤で働けない女医などに現在多いに利用されています。サイトに登録することでスポット案件を自分で吟味して選ぶことができ、またお得なスポット案件を紹介してくれるので便利なツールです。またスポット案件を掲載する企業側も医師転職サイトに掲載することがごく自然な流れになってきており、今後はスポット案件を医師転職サイトで探すことが当たり前になっていくかもしれません。利用者の声も現在好評が多く、スポット案件を扱う医師転職サイトも数が増えてきて、より充実したサービスのサイトができていくことでしょう。

医師はこのようにしてスポット案件をこなし、副収入を得ています。といっても、医師はお金よりも必要な現場に手助けにいくといった医師でスポット案件を受ける人が多く、いつもと違った現場で医療行為をすることに楽しみと誇りを持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です