アプリ制作|アイディアを生みだすコツ


アプリ制作・開発をしてみたいけれど、ユーザーに受け入れられるアイディアが思いつかない……という方もいるのではないでしょうか。
確かにユーザーに受け入れてもらえないアプリを制作しても意味が無い!! せっかくアプリ制作するなら面白いアイディアを採用したいですよね。
それではアプリ制作のアイディアを生みだすコツを考えてみましょう。


pexels-photo-225232

アプリ制作! アイディアを生むコツとは?

①できる・できないではなく、わくわくするか?

アプリ制作をするときにはつい、自分の技術でこんなことができるか? と考えてしまいがち。でもそれだと制約ができてしまうことに加えて、新しい技術も身につきません。
まずは「こんなアプリ制作がしたい!」とわくわくするものを考えましょう。制作するための技術はあとから勉強すればOKなんです。
まずはわくわくするアイディアを考えることからスタート!

②自分の好きを掘り下げる

自分が好きなものに対して、他の分野よりも広く深く掘り下げられます。まずは自分の好きなものを生かしてアプリ制作をしてみましょう。
自分自身の趣味で「こんなサービスがあったらいいのに!」と思っているなら、それ以外にも求めている人はきっといるはず。
ニッチな趣味でなかなかアプリ制作されない分野なら特に狙い目です!

③常に考える

アイディアは質より量です。とにかくたくさん出して、たくさん却下するのが当たり前。「こんな恥ずかしいアイディア人に見せられない……」と思っているものも、第三者から見ると斬新だったりするんです。
日常生活の中で不便だな・これがあってよかった! と思ったことをメモしていくだけでも新しい発想に繋がります。
とにかく量をたくさん出すことが、よいアイディアを生むコツです。

まとめ

アプリ制作のアイディアを考えるのは楽しいようで、大変な作業。でも考え続けることでアプリ制作のアイディアも生まれてくるので心配はいりません。
まずは質より量で勝負してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です