アプリ制作|ユーザーに利用してもらうには


アプリ制作・開発は自分でしてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。最近ではアプリ制作は自分で簡単にできるようになったので、チャレンジする良い機会ですよね。
では制作したアプリを多くのユーザーに知ってもらうためには、どうしたらよいのでしょうか?
アプリ制作をするときに大切なユーザーの視点を考えます。


pexels-photo-267392

アプリ制作|ユーザーに見てもらうために

ポイント① ユーザーの求めているものを知る

自分のアプリは誰が・なんのために使うのかを考えることがダウンロード数を増やす第一歩。自分の作りたいアプリのターゲット層になり得る人の性別・年齢などを把握することでサービス内容も決まってきます。
ターゲット層を決めておくことで開発中、目標のブレもなくなります。

ポイント② 類似アプリを研究する

アプリが山のように存在する現代では、あなたの作りたいアプリに似ているものもあるかもしれません。
そんなときには「類似しているから、自分のアプリ制作に意味は無い」と思わずに、既存のアプリを研究してみましょう。
レビューの中には「◯◯の機能がないから残念」というコメントもあるでしょう。それこそが、あなたのアプリ制作に役立つアイディアです。
類似アプリを研究することで差別化を図ることができるようになります。

ポイント③ ネーミングを考える

ネーミングはインパクトが強いだけでなく、そのアプリがどんなものなのかがわかるものがよいでしょう。
最適なアプリ名をつけられると見つけてもらいやすくなり、売り上げアップ・ブランド力もついていくでしょう。

まとめ

アプリ制作をせっかくするなら、やっぱり多くのユーザーに試してもらいたいですよね。そのためにはサービス内容だけでなく、広く知ってもらうためのアプローチ方法も考えないといけません。
うまくいけばたくさんダウンロードしてもらえる可能性がアップします!
アプリ制作・開発をしながら、プラットフォームなどについて学んでみてもよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です