アプリ制作|ユーザーに利用してもらうには

pexels-photo-267392

アプリ制作・開発は自分でしてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。最近ではアプリ制作は自分で簡単にできるようになったので、チャレンジする良い機会ですよね。
では制作したアプリを多くのユーザーに知ってもらうためには、どうしたらよいのでしょうか?
アプリ制作をするときに大切なユーザーの視点を考えます。

Continue reading “アプリ制作|ユーザーに利用してもらうには”

アプリ制作会社に依頼する前にしておくこと

pexels-photo-89955

こんなアプリが欲しい、でも技術はない……と思ったらアプリ制作会社に依頼をしてみましょう。
アプリ制作会社は制作のプロなので、予想以上に様々なシステムを紹介してもらえます。
でもその前に理想のアプリ制作をするために、依頼前に自分自身で確認しておくポイントを知っておきましょう。

Continue reading “アプリ制作会社に依頼する前にしておくこと”

アプリ制作|アイディアを生みだすコツ

pexels-photo-225232

アプリ制作・開発をしてみたいけれど、ユーザーに受け入れられるアイディアが思いつかない……という方もいるのではないでしょうか。
確かにユーザーに受け入れてもらえないアプリを制作しても意味が無い!! せっかくアプリ制作するなら面白いアイディアを採用したいですよね。
それではアプリ制作のアイディアを生みだすコツを考えてみましょう。

Continue reading “アプリ制作|アイディアを生みだすコツ”

医師のスポット案件

医師は普段所属している医療機関での業務の他にもスポット案件という副業で医師は副収入を得ている。
このスポット案件は主に他の病院で1日だけ勤務をしたり、当直を代わったり、イベントの救護に付き添ったり、医療機関が側が緊急に医師を補充したい案件であることがほとんどです。医師は最初の研修を終えると新人の内に医局に入るのが一般的です。そこでスポット案件が紹介されて初めてスポット案件というものを知り、本格的な医療現場デビューを果たすわけです。しかしこのスポット案件というものはそもそもが緊急性の高い案件ですので、あまり条件自体は良くなく、受け持つ医師にとってもさほどおいしいものではありません。給与も低く、病院からも厚遇されませんが、それでもスポット案件を数多くこなすことによっては年収は数百万程アップします。
スポット案件は近年の医師の研修制度の改正によって若い医師が医局に入ってこなくなったことが現在問題視されています。この制度によって必ずしも若い医師が医局を希望しなくなり、条件がよくて落ち着いた労働環境で働ける地方に出て行く人が増えてきています。また転職を希望する医師も、医師転職サイトを利用するなどして地方へと出て行く傾向にあります。この制度はそもそも地方の医療機関を活性化させようと定められたものですが、それが返って医局の人材不足を招き、それが原因で廃業する病院も出てきているのが現状です。

こういったスポット案件を自ら探すなら医師の転職サイトが便利でしょう。医師転職サイトは常勤条件を数多く掲載し、またスポット案件を専門として紹介している会社もあります。給与のやや低い若手や、結婚・出産等でなかなか常勤で働けない女医などに現在多いに利用されています。サイトに登録することでスポット案件を自分で吟味して選ぶことができ、またお得なスポット案件を紹介してくれるので便利なツールです。またスポット案件を掲載する企業側も医師転職サイトに掲載することがごく自然な流れになってきており、今後はスポット案件を医師転職サイトで探すことが当たり前になっていくかもしれません。利用者の声も現在好評が多く、スポット案件を扱う医師転職サイトも数が増えてきて、より充実したサービスのサイトができていくことでしょう。

医師はこのようにしてスポット案件をこなし、副収入を得ています。といっても、医師はお金よりも必要な現場に手助けにいくといった医師でスポット案件を受ける人が多く、いつもと違った現場で医療行為をすることに楽しみと誇りを持っています。

地方を手助けする医師転職サイト

医師の転職の7割は知人関係によるツテで病院と直接交渉して転職しているというのが現状です。医師転職サイトの利用は3割程、まだまだ信頼を得られていないのと、直接交渉の方が何かとメリットが多いといったことからこの割合にとどまっています。
しかし医師転職サイトが今注目されているのは地方への転職に利用する際です。大学が多くある都内に医師が集中しがちですが、都内への転職は誰かしらのつながりで直接交渉ができても、地方への転職はなかなか繋がりを持つことが難しい。全く違った街で新しい医師生活を始めたいという人は医師転職サイトを利用します。
医師が転職する理由の1つに、医師の仕事の負担があります。都内であれば毎日のように緊急搬送されて、勤務時間内で退勤することがなかなか難しいです。退勤して帰ろうというタイミングで緊急搬送されてきてそのままオペに入り、終わってやっと帰れると思ったらまた搬送されたり緊急の対応をしたり、都内の医師は激務です。地方であれば忙しさは都内と比べ物にならず、あまち緊急搬送はありませんし、そもそも人口が少ないですから案件自体が少なくて労働時間も短くなります。地域のエリアに1つしかない病院の場合はその責任感や重責はありますが、人柄も落ち着いてますし、のどなかな風景の中ゆったりと医師生活を送りたいと考える人が多くなってきています。
また、現在では新医師臨床研修制度の影響で大学附属の医局に進む卒業生が減り、地方へと目を向け始めたことで人気が高まってきています。この影響から医局の体制が弱まりつつあり、その補填としてスポット案件が増えて、医師不足のひどい医局は廃業に追い込まれています。専門医に偏らない、地方へと目を向ける、ということを目的に施行された新制度ですが、こういった問題が今発生してきています。
収入に関しては都内よりも地方の方がやや高く、都内の医師の平均年収は1200万円程度になっていて、地方の平均年収は1500万円となっています。都内は医師が飽和状態で人数が多い関係で給与が低くなっています。
地方は高齢化や過疎化といった問題が加速しており、島の医療も医師不足で大変な状況ではありますが、それでも地方人気は今沸騰しています。都内で疲弊した医師たちが地方へ行くことで長い労働時間から解放され、責任ある仕事を任されることに誇りを持っています。
そんな地方を志す医師の手助けとして、医師転職サイトは発展していくことでしょう。